治すことより予防が大事!

前回痛風が治ったら、、と書きましたが、
そもそもどうやって予防するのか。
真剣に書きます!
  
  
・痛風予防のポイントをチェック
痛風は日常生活のちょっとした心がけにより予防できる病気です。
歩くことや靴を履くことでさえ痛くてツライという体験をしたくない方は、
ぜひ、日頃の生活習慣を見直して予防しましょう。
  
  
●プリン体&尿酸コントロール
痛風を予防するために1番大事なことは、プリン体と尿酸のコントロールです。
血中尿酸濃度を基準値(7.0mg/dl以下)に保つ、また、食事によるプリン体の摂取に注意する。
これにより、痛風発症のリスクを抑えることができると言われています。
  
そしてそのためには、暴飲暴食を避けることも重要。
過度の飲食によってプリン体を過剰摂取することにつながるからです。
食品への注意はもちろんのこと、腹八分目の食事習慣を身に付けるようにしましょう。
  
  
●ストレスを溜めない
仕事や人間関係など、なんらかのストレスを抱えている場合、痛風を発症するリスクが高い傾向にあります。
とはいってもストレスのまったくない生活を送ることは難しいです。
例えば休日には積極的にリフレッシュを心がける、
ストレスの発散方法を自分なりに見つけるなど、極力ストレスを溜め込まないように心がけましょう。
  
●水分補給に気を使う
痛風の要因である「尿酸」は尿と一緒に体外へ排出されます。
そのため、しっかりと水分を補給することは、
痛風を予防するためにとても重要なポイントなのです。
  
お茶や水をこまめに摂る習慣を身に付ける。
利尿効果のあるコーヒーなどもおすすめです。
  
●適度な運動をする
激しい運動や筋トレなどは逆に痛風のリスクを高める可能性がありますが、軽めの有酸素運動は効果的です。
自分に合っていて適度に継続的に、そして無理なく続けられる有酸素運動を習慣づけましょう。
  
  
◎痛風で使用を控えた方がいい鎮痛薬
  
市販の痛み止めの中で、アスピリン系の薬は尿酸値を上げ、
痛風の痛みを増加させてしまう作用があるので、あまり服用することはお勧めしません。
アスピリン剤の鎮痛剤とは、
修正分としてアセチルサリチル酸を配合しているので、主な商品名としては以下のものがあります。
    
・バファリン
・ロキソニン
・バイエルアスピリン
・エキセドリンA錠
・ケロリン
  
正直僕もショックなんですけど・・・知るまでよく服用していた・・・・
普段何気なく使用している上記の鎮痛剤ですが、副作用もあることを覚えておきましょう。
耐えられないくらいの痛みに襲われる前に日頃から痛風に良い食事やサプリメントを摂った得策です。