痛風の薬について

痛風にかかったり尿酸値が高いとだいたいの人は尿酸値を下げるために薬を併用させられます。

痛風持ちの父はいつも食後に大量の薬を飲んでいて、こんなに薬に頼るのは嫌だなぁと思いながら見ていました。

そこで痛風になったらどのような薬を飲まないといけないのかをまとめてみました。

あの激痛が走る痛風発作になったときに飲む薬は痛風発作抑制薬といってコルヒチンを服用します。なので、日常的に飲む薬ではないのでここでは説明を省きます。

痛風発作が起きてしまう、そもそもの原因は尿酸値が高いことです。

その尿酸値が高くなることを抑える薬が尿酸生成抑制薬といって主にフェブリクやザイロリックという薬があります。

この薬は、主に尿酸の生成を抑える働きがあり体内の尿酸の量を減らします。

一方、外に出す尿酸を増やすために尿酸排泄促進薬といってベネシッドやユリノームという薬があります。

この薬は腎臓で行われる尿酸の再吸収を抑制することで尿酸が排泄される量を増やしてくれる薬です。

これらの薬は、痛風発作が始まってから服用すると尿酸値の変化が起こり痛みを倍増させてしまう恐れがあるため通常は発作が起きてら2週間は服用しないのが一般的です。 

そのため、痛風発作が起きたからといってむやみやたらと薬を飲んではいけませんのでよく覚えておきましょう。

そしてさらに酸性尿改善薬といって主にクエン酸カリウムやウラリットという薬があります。

酸性尿は尿酸が溶けにくく、尿酸が溜まってしまいやすいため尿をアルカリ性に変えて尿酸を排出しやすくします。

これらの痛風の改善の薬はあまり副作用は少ないと言われている薬ですが、長期服用が多くゆっくりと尿酸値を下げていくことが目標です。

また薬を一生飲み続けなければいけないのかというとそうではありません。

だいたい目安としては尿酸値6.0mg/dlを下回ることができたら服用をやめても構いません。

しかし、生活習慣の改善を行わずに薬だけに頼って尿酸値を下げても薬をやめたらまた尿酸値が上がることは間違いないので生活習慣の改善をしたうえで尿酸値のコントロールをしましょう。

つまり楽して尿酸値は下がらないというわけです。

毎日の食事で野菜を中心に摂り、お酒を飲まずに水を1日2ℓ以上飲み、肉や魚卵などを控えて軽い運動をする!
これさえ出来れば尿酸値を下げることはできるんですけどなかなか続かないもんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です